あなたは、「日本の不動産投資は利益が出る」と思っていませんか?
「2020年の東京オリンピックが終わったらちょっと注意が必要かな…」
ぐらいでお考えのあなた。

実は、日本の不動産を含め、経済全体が下降の一途をたどっています。

  • 下落し続ける不動産価格…
  • 増加する海外企業の脅威…
  • 低迷する日本企業…
  • 高まる税金負担…
  • 止まらない高齢化、
    少子化…

こんな日本の不動産環境よりも、はるかに成長し続けていながらも、高い将来性が見込める不動産環境があるのをご存知でしょうか?

その国は、先進国の中で人口増加率がトップ、豊富な資源を持ち、なんとアメリカよりも高く、日本の2倍あるGDP成長率を誇る国…その国とは…

POINT1

圧倒的に豊富な資源

原油の埋蔵量は世界3位。世界有数の資源国で、最も経済が安定している国の1つ。つまり、不動産価値も安定している。

POINT2

高い人口増加率

G7先進国の中でトップを誇る人口増加率によって高まる住宅のニーズ。

POINT3

止らない経済成長率

高い経済成長率によって、さらなる不動産価値の上昇が見込まれる。

カナダは世界有数の資源国であることからも、世界で最も経済や政治が安定している国の1つとされています。経済や政治が安定していることから、人口増加率はG7先進国の中でもトップの数値をたたき出しています。また、人口だけでなく、1人あたりのGDPも、アメリカを上回るほどの勢いで成長しています。

このように安定した経済状況から人口が増加することで、住宅のニーズも増加傾向にあります。さらに経済成長率が高いことで不動産価格の値上がりも見込めるという点で、カナダの不動産は、投資先として注目が集まっています。

このようなポイントから、カナダは投資先として今ベストだとされています。

今回当社のセミナーで解説するのは、アルバータ州のカルガリーという都市の不動産投資です。
アルバータ州の最大都市カルガリーは、カナダの中でも急速な成長を見せています。

増え続ける人口
カルガリーの2017年現在の人口は1,246,300人ですが、2019年から2021年にかけて毎年1%強の人口増加が見込まれています。さらに、今後5年間では人口が78,200人増加すると見込まれています。
人口に伴い、
住宅ニーズも増加
2016年の新規住宅着工件数は9,245戸ですが、2021年までに50,400戸の新規着工が見込まれています。

石油産業の中心地であることと、本社機能を持つ企業が増加したことにより、経済状況が安定しています。カナダ国内だけではなく、世界で最も住みやすい都市の5位以内を維持しています。

高い成長率を誇るカナダの経済状況ですが、その中でも2017年のカルガリーのGDPカナダ国内で最大の数値を記録しています。

HPI・・・住宅価格指数

今回のセミナーでご紹介するのは、カナダのランドバンキング投資。ランドバンキング投資で資産を倍増させる方法を、セミナーにご参加された方には特別に公開します!

ランドバンキング投資とは?
ランドバンキングとは、ランドバンキング業者が未開拓の土地を購入し、その土地を投資家に小口にして販売するという投資です。
その後、土地がデベロッパー(開発業者)に売却されると、投資家が利益を得られるという仕組みになっています。
つまり、最初に未開拓の土地を安く買って、地価が上がった時にデベロッパーに高く売った差額が利益となります。
ランドバンキング業者が土地を購入してから、投資家が利益を得られるまでの流れはこのようになります。

ランドバンキング業者が未開拓の土地を安価で購入
地質調査などを行い、開発が見込めそうか、投資に最適な土地かどうかを選定して、未開拓の土地を取得します。
特に人口が増加傾向にあり、行政自体が開発に力を入れている地域を見極めることが重要です。

投資家に土地を販売
ランドバンキング業者が、投資家に土地を小口にして販売します。

行政と開発計画の交渉・協議
ランドバンキング業者が行政に開発計画を提出し、行政やデベロッパーと協議や交渉を重ねます。一般的なランドバンキング業者では、開発許可を得るために地質・水質調査や上下水道の整備をすすめなければならず、開発許可が出るまでに4年~10年かかるケースが一般的です。

地価が高まったらデベロッパー(開発業者)に売却
地価が上がり、土地の値段が目標値に達したら、デベロッパー(開発業者)に土地を売却します。

一般的なランドバンキング

更地から住宅地として行政の建設許可を得るまでの工程が多いため、売却までに5~10年の期間が必要です。

また、一般的なランドバンキングは、周辺地域や国の経済が発展するまで「待つ」というケースがほとんどです。

経済が発展するまで待つ必要があるため、地域によっては売却までに10年以上かかる場合もあります。

当社のランドバンキングは・・・

既に住宅地として行政から建設許可が降りているため、あとは行政とプランニングの協議を重ねるところまでプロジェクトが進んでいます。その後も、行政への承認率が95%以上の大手設計会社Civil worksがプランニングを進めるため、スムーズに開発が進みます。

さらに、当社には、土地の価値を高めるためのノウハウがあります。そのノウハウを活用して、当社が自ら土地の地価を上げるための施策をします。

そのため、ただ経済の発展を待ってるだけの一般的なランドバンキングよりも早く売却につなげることができるのです。

当社を利用して、すでに3,000人もの人がカナダに投資をしています。
過去のセミナーでご紹介したプロジェクトでは、50億円が完売し、15億円が半年で完売したケースもあります。

過去セミナーの様子

今村 剛
経営者

エビデンスをいくつも見せてくれたので
安心しました

以前東南アジア系の不動産投資の説明会にも参加したことがあるのですが、最低投資金額が高く、途上国ならではのリスクもあり、購入を悩んでいました。その点、アーバンスターの商品は手の届きやすい価格から投資ができるのが魅力的でした。

アーバンスターの説明会では、現地法人のスタッフが実際に詳しく説明してくださり、エビデンスもいくつも見せてくれたのでとても安心しました。説明会に参加して本当に良かったです。

2~4年で倍以上のリターンが得られることを期待しています。

大井 義友
経営者

日本の投資家にとっても
申し込みやすい商品だと思います。

たまたま知人がカルガリーに住んでおり、現地の住宅需要を耳にしていました。人口が増えているエリアの土地価格の上昇をオーストラリアで経験したことがあるので今回のお話を聞いて、すぐに申し込みたいと思いました。

申し込み後、実際に「証券」が手元に届いた時はとても安心感を覚えました。アルバータ州の金融庁に登録してある商品なので、日本の投資家にとっても申し込みやすい商品だと思います。

これからの動向が楽しみです。

市川 紀銘
会社員

「土地の価値を高める」というお話が
とても印象的でした

銀行に眠らせているお金を投資したいと考えていました。過去に株式投資で失敗した経験があるので、今回は複数のセミナーに参加してじっくり検討しましたが、アーバンスターの商品が1番安心できました。

? 少し英語がわかるので、実際にカルガリーにAmazonの倉庫が建設されるニュース記事や、高速道路の拡張計画も拝見しました。人口が増える見込みや経済が潤う実感をしました。

アーバンスターの「土地の価値を高める」というお話がとても印象的でした。

実際に償還するのが楽しみです。

  • なぜカナダの不動産投資が注目されているのか?
  • カルガリーの住宅にカナダ人が殺到している理由
  • 不動産・金融のプロフェッショナル経営陣の紹介
  • 投資家と同じ条件で投資を行う
    アーバンスターグループの自信
  • ランドバンキング最大の魅力
    「キャピタルゲイン」による高い利回り

  • 不動産投資に興味がある人
  • 投資信託から不動産投資への切り替えを考えている人
  • 事業の他に資産をもっと増やしたい人
  • 預金を銀行に眠らせている人
  • 時間がなくて海外不動産について勉強したくてもできない人
  • 毎月の安定した収入よりも一度に資産を倍増させたい人
  • 海外不動産投資の中でも、手堅い投資先を探している人
  • 情報が見つからず、どこの国や会社に投資したらいいのか分からない人

どうして海外不動産投資で多額のリターンが得られるのか?

セミナーにお申し込みいただいた方に、
海外不動産投資の基礎知識と失敗しないコツを解説した動画を無料でプレゼント!

【経歴】
ケミカル銀行(現JPモルガンチェース)、リーマンブラザース、UBS、ノバスコシア銀行などで営業グループヘッド、アナリストを歴任。

2009年より英系投資アドバイザリー会社にて海外投資アドバイザー。

ミシガン大学卒 経済学士

  • 事実の裏取りがよく分からない
    投資話に手を出して
    お金を飛ばしてしまった
  • 株やFXに中途半端に手を出して
    損をしてしまった
  • 海外不動産は情報が少なく、
    どの投資先がいいのか
    自分で目利きができない
  • 発展途上国への投資を
    勧められたけど、
    本当にリターンが得られるのか
    不安・・・

アーバンスターキャピタルグループは、2008年にカナダのアルバータ州カルガリーにその本社を構え西カナダの著しい経済成長と共に発展してきました。当社の不動産投資は急成長をとげる西カナダに限定され、その業務は多岐に渡っています。

2011年7月より、弊社はこのランドバンキング投資をカナダの優れた投資商品として御提供し、日本の投資家の皆様の資産運用を御支援してきました。

そんな当社アーバンスター社の、他の海外不動産投資会社には無い特徴をご説明します。

アーバンスターの商品は、カナダアルバータ州の金融庁に登録されている商品です。そのため、土地の購入費など、通常は開示されない経費もすべてアルバータ州財務局に開示し、透明性を維持しています。

アーバンスターの不動産投資は、急成長を遂げる西カナダ地域への投資に限定されています。

一般的な海外不動産投資の課題の一つに、日本人から見て情報が不足していてどの投資先がいいのかよく目利きができないという問題があります。

ですが、アーバンスターは長年西カナダに関わってきているため、現地のことをよく知っている目利きのできる会社です。

一般的な不動産投資では「土地の転売」を行っているため投資家に販売した瞬間に業者は利益を得ます。
つまり、投資家に売ってしまえさえすれば儲かってしまうので、土地の開発に対するモチベーションが低い会社も多く存在します。

その結果、なかなかデベロッパーに売れず、投資家がリターンを得るのに長い期間を要してしまうケースが多いのです。

一方、アーバンスターは、デベロッパーに売れた利益の25%が自社の報酬となるビジネスモデルをとっています。つまり、「デベロッパーに売却されないと儲からない」という投資家と同じ条件のビジネスモデルを持っているのがアーバンスターです。そのため、開発に対するモチベーションが高く、デベロッパーに早く売れるよう開発を積極的に進めていきます。

最短2年~4年でデベロッパーに売れるまで開発するため、短期間のリターンを投資家の皆様に提供することができるのです。
一般的な海外不動産投資では業者に土地の権利が紐づくケースがあります。その場合、投資家はその会社との合意権利書しか所有できず会社が倒産したら終わりです。

しかし、アーバンスターの商品は出資額に応じて「実際の土地の権利」が投資家に紐づきます。投資家の名前は実際に登記され、信託会社に保全されます。そのため、運営会社の経営状況に関わらず、土地の権利を所有できるのです。

アーバンスターグループの事業は不動産投資だけではありません。その他に、一般不動産、商業不動産の売買から仲介業務など、多岐に渡る事業を行っています。

また、アーバンスターグループは全ての会社が無借金経営です。

それにより、安定した経営体制が確立されています。

海外不動産投資は初めてなのですが、説明会に参加しても大丈夫ですか?
はい、大丈夫です。ご参加者さまのほとんどが未経験でございます。まずは知識習得として、お話だけ聞きに来られる方がほとんどです。弊社としましても、「ランドバンキング」という商品をまずは知ってもらいたいので、お話だけ聞きに来て下さい。
ローンを組む必要はありますか?
当商品は、ローンは組みません。不動産投資としては比較的、少額から投資が可能です。
どんな方が説明会に参加をしていますか?
主婦の方から経営者の方まで幅広くご参加頂いております。最近では仮想通貨に興味のある方のご参加が多いです。仮想通貨は同じキャピタルゲイン狙いのため資産分散としてご検討される方が多いです。
他の参加者さんはどのような目的で説明会に参加していますか??
投資全般を学習されたい方がご参加頂いています。スピーカーの松下さんは金融業界30年以上のプロなので、投資商品の目利きに方法などを詳しく教えてくれます。滅多にお会いできる人物ではないので、参加者様に喜ばれています。
気に入った場合、当日お申込みできますか?
当日は説明会のみとなります。申込みをご希望の方には後日、契約書を郵送致します。
説明会後に質問がある場合、直接お話を聞くことはできますか?
はい、可能です。本社はカナダになりますが、表参道にサテライトオフィスを設けております。説明会後にご質問がある場合はスタッフが対応します。

今回のプロジェクトは20億が完売した
段階で締め切らせていただきます。

過去プロジェクトでは、15億がわずか
半年で完売してしまいました。
このチャンスをのがさないよう、
是非お早めにお申し込みください!

カルガリーの不動産市場

  • なぜカナダの不動産投資が注目されているのか?
  • 世界3位の石油埋蔵量カナダの強み
  • カルガリーの不動産にカナダ人が殺到している理由
  • 州が推進する「都市計画」と片側8車線の高速道路建設の詳細

アーバンスターグループの紹介

  • 不動産・金融のプロフェッショナル経営陣の紹介
  • 東京ドーム82個分の土地の紹介
  • 住宅、マンション、駅ビル等の建設予定プロジェクトの紹介
  • 投資家と同じ条件で投資を行うアーバンスターグループの自信

アーバンスターのランドバンキング投資とは?

  • ランドバンキング最大の魅力「キャピタルゲイン」による高い利回り
  • 一般的なランドバンキングと提供商品の大きな違い
  • 土地の価格を大幅に上昇させるアーバンスターの戦略
  • 土地の所有権が投資家に紐づくアーバンスターの珍しいスキーム
  • 行政許可率95%以上を誇る設計会社との連携

参加費
無料
参加費

ホテルサンルートプラザ新宿
2F 小会議室
〒151-0053 
東京都渋谷区代々木2-3-1
新宿駅徒歩3分

ホテル入口を入ると、
すぐに二階に続く螺旋階段がございます。
階段を上りすぐに見える小会議室がセミナー会場です。

日程・定員
11月14日(水)
19:00-21:00 35名
11月18日(日)
13:00-15:00 24名

※各項目入力後、最下部の
ボタンをクリックして下さい。

氏名 必須

メールアドレス 必須

携帯電話番号 必須

ご参加日程 必須