ブログ

MyEtherWallet(マイイーサウォレット)の使い方!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
MyEther pass

この記事では、MyEtherWallet(マイイーサウォレット)の使い方についてわかりやすく解説していきます。

仮想通貨を保有する際に最も重要なのは、セキュリティ対策です。インターネットを使用したシステムである以上、ハッキングによってデータ及びその資産を奪わるリスクも少なからずあります。

このセキュリティ対策において見落としがちな注意点として、「保有している仮想通貨を取引所に置いたままは危険である」ということが挙げられます。

取引所からこのMyEtherWalletに仮想通貨を移すことで、安全性を高めることができます。

MyEtherWalletの特徴

MyEtherWalletの持つ最大のメリットは、コールド・ウォレット(オフライン状態で仮想通貨を保存する)ことが可能である点です。具体的には、普通の「紙」に印刷されます。

前述の通り仮想通貨は基本的にインターネットを使用したオンライン状態で取引を行うものなので、ハッキング等によるリスクが絶えず付きまといますが、MyEtherWalletで紙として保存しオフライン化してしまえば、ハッキングの可能性はほとんどなくなり安全性が非常に高まります。

それでは実際に、MyEtherWalletの導入手順を解説していきます。

 

MyEtherWalletの導入

MyEtherWalletの作成

1.MyEtherWalletのサイトへアクセスする

MyEtherWalletへのアクセスはこちらから行えます。

https://www.myetherwallet.com/

2.言語を日本語に変更する

 

Etherium gengo

 

MyEtherWalletのデフォルト言語は英語になっているので、今後の操作をしやすくするため日本語に変更しましょう。

 

3.パスワードを設定する

 

MyEther pass

言語の変更が完了したら、パスワードの設定をします。

9文字以上の指定があるので、それに従ってパスワードを入力しましょう。このとき、英数字や記号を織り交ぜて複雑にすることが大切です。また最低9文字以上と指定されていますが、長くすることで安全性をさらに高めることができるので、長めに設定しておくことをお勧めします。

簡単に予測されやすい安直なパスワードだとせっかくのMyEtherWalletの意味がなくなってしまうので気を付けましょう。

 

また、設定したパスワードは忘れないように自分だけが見れる場所にメモを取るなどしておくと安心です。



 

4.Keystore/JSONファイルをダウンロードする

パスワードを入力すると、以下の画面が出てきます。

myether file

 

赤枠内の「ダウンロードKeystore ファイル(UTC/JSON)」をクリックし、ファイルをダウンロードします。

このファイルはMyEtherWalletを開く際に必要なので、絶対に紛失しないようにしてください。

そのため、警告文にもあるようにファイルをバックアップしておくと良いでしょう。

 

ダウンロードがなされたことを確認し、ファイルバックアップなど紛失対策が完了したら、「I understand. Continue.」をクリックします。

myether continue

5.「秘密鍵」の確認と印刷をする

「I understand. Continue.」をクリックすると、「秘密鍵」の文字列が表示されます。

myether himitukagi

まず①の欄に秘密鍵の文字列が表示されます。

秘密鍵は、自分のウォレットを開く際に必要な64文字からなる文字列で、これも非常に重要なデータです。

もしこの文字列が誰かに知れ渡ってしまうと、自分の資産が奪われてしまう危険が非常に高いので取扱いに十分注意しましょう。

紙媒体として残しておくとよいので、①の確認が終わったら②の「お財布紙情報を印刷」をクリックして印刷します。

myether paperwallet

このようにQRコード化されて印刷されます。

各種データを記録し終わったら、最後に「アドレスを保存してください→」をクリックします。

myether adress

これでウォレットの作成は完了です。

次は実際にMyEtharWalletを使用する方法を解説していきます。



 

MyEtherWalletを使用する

・ウォレットのアドレスを確認する

まず先ほどのウォレット作成時の最後で行った「アドレスを保存してください→」をクリックした後の画面は下の画像のようになります。

myether saifu

ここで自分のウォレットを使えるようします。その際に先ほどダウンロードした「Keystoneファイル(UTC/JSON)」、または記録済の「秘密鍵」を入力します。

「Keystoneファイル(UTC/JSON)」を使用する場合は、「①お財布ファイルの選択」→「②パスワード入力(一番最初に入力したもの)」→「③アンロック」の順に入力・選択していきます。

myethersaifuactibate

 

秘密鍵の場合は、先ほど記録した秘密鍵をコピー&ペーストするか自ら打ち込みます。

64文字過不足なく入力されると、入力欄右側に「アンロック」タブが出現するのでクリックします。

himitukagi2

 

正しく入力して「アンロック」タブをクリックすると、アドレスが表示されます。

 

mii-sa

これが自分のアドレスになります。取引所からイーサリアムやトークンを送る際に使用します。

 

では次に、ウォレットの情報を見ていきましょう。

 

・ウォレット情報を確認する

ウォレット情報を確認するには、まず上のタスクバーから「お財布情報を見る」をクリックします。

osaifujyouhou

すると先ほどの「・アドレスを確認する」の項目で行った「アンロック」までの手順をもう一度行うように指示されるので、同じ手順でアンロックします。

 

そうすると、ウォレットの情報を見ることができるようになります。

 

この画面では、先ほど確認したアカウントのアドレスのほか、自分のアカウントに入っているイーサリアムの残高やトークンなどを閲覧することができます。

saifujyouhou

トークン情報を見るには、緑色の枠「Show All Tokens(全てのトークンを見る)」をクリックします。

開いてみると、こんな感じになります。

token1token2token3

画像のトークン一覧は2017年7月6日時点のものです。

トークンを取引所からMyEtherWalletに送信するときもイーサリアム送信と同じアカウントアドレスに送信すればOKです。

またこのお財布情報も印刷することができます(赤枠内クリック)。

osaifuinsatu

 

以上がウォレット情報の見方になります。

 

なお、イーサリアム・クラシックをしたい場合は上部タスクバーから「ETC」を選択します。

 

etc

 

イーサリアム・クラシックに変更してもアドレスは変わりません。

イーサリアム、イーサリアム・クラシック、トークンはすべて同じアドレスで管理できます。

 

・イーサリアム、イーサリアム・クラシック、トークンを送出する

イーサリアムを送出するには、まず上部タスクバーから「Ether/トークンの送出」をクリックします。

sousinn

今までのようにアンロックを求められるので、ファイルや秘密鍵を使ってアンロックしてください。

 

アンロックが完了すると、以下のような送信画面になります。

sousinnatesaki

アドレス入力、銘柄選択、送出数量を任意で選択してください。

次にガスリミットの設定です。

ガスリミットはイーサリアム等を送出する際の「手数料」に当たります。

また、このガスリミットは下限が21000と定められていますので、21000以上の値を入力してください。なお、このガスリミットを高く設定することで、送出スピードを速くすることができます。

ICOに参加する場合、ものによってはガスリミットがあらかじめ指定されているものもあるので注意しましょう。

 

ガスリミットの設定までを終えたら、「トランザクションを生成する」タブをクリックします。

toranzakusyon

 

するとトランザクションが生成されるので、最後に「トランザクションを送出」をクリックして送出します。

sousyutu

 

最終確認画面が出るので、確認して処理を実行します。

saisyuukakuninn

これで送出は完了です。

 

 

また、送信後トランザクション生成画面の一番下に下画像のような表示があります。

rireki

この赤枠内をクリックすることで、行った送出の履歴を見ることができます。

履歴画面は、日本語表記ができないので注意してください。

pending

・Block Heightはマイニングされた数

・TimeStampは送出時間

・From/Toで送出元/送出先のアドレス

・Valueで送出したイーサリアム等

・Gas Limit/Gas Priceで設定したガスリミットの量と設定したガスリミットの価値

が表示されます。

なお、Pendingとなっているのはまだ送出中だということを表しています。

完了すると以下のようになります。

saigo

 

 

MyEtherWalletは非常に便利なツールですので、是非有効活用してください!



関連記事

  1. 保護中: METAMASK(メタマスク)ウォレットの作成方法
  2. 仮想通貨のICOが過熱しています。
  3. CindicatorのICO参加方法
  4. 保護中: CivicSecureIdentity(二段階認証)の…
  5. Liqui取引所の口座登録方法。新興アルトコインの仕入れ
  6. ledgernanos LedgerNanoS公式サイトでの購入方法。ビットコインで購入…
  7. poloniex 保護中: bitseeder(ビットシーダー)の登録方法とpol…
  8. everex EverexのICOは仮想通貨のマイクロファイナンスを可能にする…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP