ブログ

法人設立!起業する方法と流れをまとめておきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、株式会社At libertyの戸風正樹です。

今回、2017年5月26日に株式会社At libertyを設立したわけですが、私のメルマガやLINEを購読してくださっている方々の中には、

『いつかは独立したい!』
『起業したい!』

『・・・でも、どうしたらいいのかわからない!』

という方が非常に多くいらっしゃったので、私が今回、新たに起業した流れについてまとめておこうと思います。

この記事でこれから法人を設立する方が少しでもイメージが沸けば幸いです。

 

起業する流れ

①司法書士事務所に電話する
②事業の目的を決める
③資本金・印鑑証明書を用意する
④ハンコを用意する
⑤不動産を探す
⑥業者を呼ぶ
⑦必要なものを買う
⑧銀行口座を開設する
⑨求人を出す
⑩役所に行く
☆あとは頑張るだけ!

上記のような流れで法人を設立していきます。

実際に私は3回法人の設立を経験しているので、正直もう慣れっこです。今回は割とスムーズに行きました。私がこの1か月間で歩んできた道をすべて説明していきますね。

 

①司法書士事務所に電話する

まずは、司法書士事務所に電話して、『会社作りたいんですけど』と言います。

 

会社の設立は自分でもできますが、お金を払って人に任せるのが1番です。というのも、起業時って本当にやることがたくさんあるので、1つのことに多くの時間をかけることができません。

また、司法書士事務所にお願いしても自分でやる場合とそんなにかかる費用はかわらないです。アトラス総合事務所さんは235,000円でした。

 

私が利用している会社は『アトラス総合事務所』さんです。

http://www.cpainoue.com/

メールのやり取りで迅速に対応してくれるので、オススメです。

 

私は3回目だったので、以下のように直でメールしてしまいましたが、初めての方は電話でメールアドレスを伝えれば必要書類を教えてくれます。

__________________

お世話になっております。
さきほど電話した戸風です。

以前は、社名変更と法人登記お世話になりました。

電話でお伝えしたように、新規法人登記お願いします。

■社名
株式会社At liberty

■資本金
100万円

■事業の目的
(長くなるので、後述します。)

■役員
戸風正樹 1名

以下は用意しておきます。

・印鑑証明書
・口座のコピー

物件はこれから契約しますので、
ひとまず私の自宅で登記お願いします。

■自宅住所
〇〇

__________________

といった具合でメールしました。初めてお問合せする方は、アトラス総合事務所の担当者さんが、『これとこれを用意してくれ』と教えてくれます。

ほとんどのケースで法人設立時に物件が借りられている場合は無いかと思います。ですので、いったん自宅で法人登記します。その後物件が借りられたら、登記変更で住所の変更をします。(6万円の印紙代がかかりますが・・・)

 

②事業の目的を決める

司法書士事務所にメールを送るときに、『事業の目的』を伝える必要があります。

あなたがどんなビジネスをするか?によって事業の目的は変わってきますが、これは多ければ多いほど良いです。

あとで追加するとなると、登記変更の申請に印紙代が30,000円もかかりますから。これからやるかもしれないビジネスに関しては、入れるだけ入れておきましょう!

 

以下のサイトに事業の目的のサンプルがあるんで、参考にしてみてください。

http://setsuritsu.ii-support.jp/sample/

 

株式会社At libertyの場合は、以下の通りです。

・独立開業者に対する経営支援、指導、コンサルティング
・原価計算・仕訳、決算書等の会計・経理の処理の請負
・ウェブコンテンツの制作及び管理業務の請負
・マーケティング業務全般の請負
・営業及び事務の請負
・インターネットにより広告及び宣伝業
・インターネットに関する総合コンサルティング業務
・インターネットメディア事業
・ホームページ、ウェブサイトの企画、デザイン、制作、販売
・広告宣伝業及び広告代理店業
・各種コンサルティング業務
・各種セミナー・イベント等の企画、運営
・前各号に付帯する一切の業務

最後の1行が大事ですね。



 

③資本金・印鑑証明書を用意する

これで司法書士事務所に送るメール内容が決まりましたので、資本金と印鑑証明書を用意しておきます。

司法書士事務所とメールでやり取りをしますが、

『資本金が振り込まれている通帳のコピー』

が必要となります。これを送っておかないと司法書士さんが登記の書類を作成できないので、必ず用意しておきます。

通帳のコピーに関してですが、1、資本金ぴったりが自分の名前で振り込まれている数字 2、通帳番号と名前(表紙)が必要となります。例えば、自分の三井住友銀行の口座に他の口座から自分の名前で100万円振り込めばよいわけです。

私みたいに、振込みじゃなくと預け入れにしちゃって「名前が表示されない」(笑)みたいなことは無いようにお願いします。株式会社At libertyを起業したときは間違えてしまって、トータルで200万円振り込むハメになりました。

 

印鑑証明書は役所で取れるので、取っておきます。

不動産契約などでも使う可能性があるので、多めに取っておくと良いかもしれませんね。

 

④ハンコを用意する

司法書士事務所に連絡する時に、会社名を伝えたかと思います。

司法書士さんが、『その会社名とれます。オッケーです!』と教えてくれるので、同時にハンコを取っておきましょう。楽天とかで注文すると2~3日で届きますので、司法書士事務所から書類が届くまでに用意できるかと思います。

・法人代表印
・銀行印
・角印

が必要になります。

法人登記の書類に捺印する必要がありますので、必ず準備しておきましょう。

http://item.rakuten.co.jp/hankomaturi/10000086/

楽天でも5,000円程度で購入できますね。フォントは好きなのを選べば良いと思いますが、篆書体が無難ですよね。え?読み方がわからない??「てんしょたい」ですよ、てんしょたい。えー、知ってましたよ・・・(汗)

 

⑤不動産を探す

まずは自宅で登記していると思うので、スモールビジネスということでそのまま自宅でビジネスをする場合は物件を探す必要はないでしょう。

私の場合は、アルバイトや社員などの採用予定がありましたので広くはありませんが事務所を構えてビジネスをしようと考えていました。不動産契約だけでも半年分の保証金を積んだりしないといけないので、結構費用がかかります。銀行から創業者支援の融資を受けてもいいですよね。

私の場合はすべて自己資金でやりました。

そこで平行して不動産を探しておきます。



不動産は内見おして良さそうな物件があったら、不動産会社さんと通して大家さんの人物像をしっかりと見ておきます。幸いにも私は素敵な大家さんに巡り合えたので何もトラブルなく順調に契約になりました。

ただ管理会社に投げっぱなしだったり、故障や修理に全然対応してくれなかったりする場合もあるので、大家さんとはしっかりコミュニケーション取れるのかは把握しておいた方がいですね。

 

長く空いている物件だと家賃交渉できるので、してみてください。

私は学習塾で起業した時は、半年フリーレントにしてもらいました(笑)3年も空いてたんだから、向こう半年空いている可能性の方が高いでしょ?ってノリでね・・・。まぁ50坪と物件が広かったので、家賃交渉に応じてくれただけだったんですけどね。

 

そうこうしている間に法人の登記が完了すると思うので、登記が完了したら不動産の契約をします。

契約から入居までは1~2週間くらい空けておくと物の購入や業者の選定に時間が取れるかもしれませんね。(業種によってはもっとでしょうが)

 

⑥業者を呼ぶ

次に業者さんを呼びます。

私の会社の場合は事務所なので、事務所に必要な業者を呼べばいいです。ネットやタウンワークで検索して電話するのが1番早いですね。私が呼んだ業者さんは以下の3つです。

①タイルカーペット&ブラインド
②ビジネス電話&ネット関係
③複合機

タイルカーペット&ブラインドに関しては相模原の「匠工房」さんを利用しました。

http://www.takumi777.com/tilecarpet.htm

他の業者さんと相見積もりをもちろん取りましたが、安くて丁寧でした。フットワークも軽いのでオススメです。窓はカーテンではなくブラインドが良かったので、高級感のある横にスライドさせるブライドにしました。

ビジネス電話とネット関係は横浜のメディアゲートさんです。

http://www.mediagate.co.jp/

こちらの社長さんもフットワークが軽くて、学習塾の起業の時もお世話になりました。パソコン15台分のLANケーブルの配線やNTTの設定なども全部やってくれます。

時期によってはNTTの工事に1か月くらいかかることもあるので、早めに電話しておくと良いかもしれませんね。

複合機は大手の『大塚商会』さんです。安くはないですが、何かと安心なので安心をお金で買っています。

今までに3台、大塚商会から複合機を入れているので営業担当と仲が良いというのも理由の1つですね。やっぱりビジネスってお金も大事ですけど、付き合いとかって大事じゃないですか。どこでビジネスチャンスが広がるかわからないですし。

 

物件に入居するまでの間に業者さんに見積もりや納期などを聞いておいて、入居初日に工事にきてくれるように手はずを整えたいですね。

 

⑦必要なものを買う

机やパソコン、事務用品など必要なものを用意しておきます。

これはもうネットで調べて個人のクレジットカードとかで購入しておいて、入居日の翌日くらいに全部届くように設定しておくといいですよね。

家具に関しては、お金払って必ず「家具組み立てサービス」に申し込んでくださいね。私は学習塾の時に全部自分で作ろうと思って、眠れない日々を送りましたから(泣)ちょっとのお金をケチって最終的に損をするなんてことがないようにしておきたいものです。

必要なものは入居してからでも買いにいけますから、「これは絶対に必要だろう!」というものを揃えておくと良いです。

まぁパソコンあれば、だいたいなんとかなりますけどね。

 

⑧銀行口座を開設する

ここつまづきポイントです。

物件に入居が決まったら、すぐに法人の口座作れるぜ!と思いきや、いったん自宅で登記しておくと結構面倒くさいです。

私の場合は事務所が多摩市なんですが、住まいが日野市というところなんですね。ですので、法人の口座が作れるのって日野市になってしまうんですよ。でも事務所は多摩市なんで、やっぱり多摩市作りたいじゃないですか。

だから、まずは法人登記を日野市から多摩市に登記変更して、登記のお引越しが完了してから法人口座作りに行きます。

法人口座も申請してから口座完了までに1か月くらいかかるケースが増えているので、かなりのタイムロスなんですよねー。信用金庫なんかはそれでも作れたりするので、(当日にでも)まずは信用金庫で口座開設しておくと良いですね。

起業してすぐに売り上げが立ちそうな人は、信用金庫の口座を開設しておいてお客さんからそちらに入金してもらうと良いですね。

あるいはネットでサービスを展開する人はpaypalのビジネスアカウントを作っておくと良いでしょう。

 

⑨求人を出す

1人ビジネスをされる方は、求人を出す必要は無いと思いますが、アルバイトを使いたい時は求人を出します。

時給1,000円くらいで2~3人雇ったとしても1か月で10万円~15万円くらいの出費です。自分の仕事をどんどんアルバイトに振っていくことによって最終的に自分の利益になりますから、私はアルバイトを積極採用するスタンスです。

年齢を限定して求人を出すことはできないですが、やはり若い子達の方が吸収力が高く素直に仕事に取り組んでくれるでしょう。あなたが始めようとしているビジネスの専門性が高い場合はそこそこ年齢の年齢の方を採用するのが良いですね。

求人は、

①リクルート
②an

に出しました。anの良いところはLINEバイトにも同時に掲載されるので、若い子を集めたりならLINEバイトが結構有力です。

またオファー機能があるので、LINEバイトに登録していて近くに住んでいるユーザーに、『こんなお仕事あるんですけど、どうですか?』って遅れます。え?まさか!女子大生ばかりにオファー出したりなんてしてないですよ。失敬ですな!

と、一括で対象になりそうな方に送ることもできます。4~5万円で求人かなりくるんでオススメです。

 

アルバイト用の就業規則と労働条件通知書なんかもネットからダウンロードして用意しておきたいですね。

あとあとモメないようにしっかり契約書を交わしておいてください。

⑩役所に行く

人を採用することになったら、役所にいって色々と手続きをしなければなりません。

雇用保険
社会保険

このあたりは役所にいって、『会社作ったんで入りたいんですけど!』と言えば、書類を用意して丁寧に教えてくれます。

 

あとは頑張るだけ!

これが起業する方法のまとめです。方法というよりは私が実際に起業した例をみなさんにご紹介しています。

少しでもイメージが沸けば幸いです。

ここまできたらあとは頑張って、頭と体を使って売上を立てて、従業員にお給料を支払い、税金を納めるだけです。

 

起業ってエネルギーがいります。

同時にいろんなことをしないといけないですし、会社の顔=社長ですから社会に対して無責任な行動は取れません。会社、従業員、お客さんと守らなければならないものがたくさん出てきます。

また

雇用を創出して
従業員の家族の生活を支え
納税をして
社会に貢献する

人生でこんな素晴らしい経験ができるのも起業です。主体性を発揮して人生を豊かにしましょう!



関連記事

  1. 起業に必要なものについて徹底解説
  2. 欠損金の繰越控除制度は平成30年4月から9年から10年になる
  3. an(アン)LINEバイトに求人の広告掲載を出しました。
  4. 起業したいけどお金が無い!小資本でできるビジネスをご紹介
  5. ホームページを制作する予算がない方むけ!おすすめの外注サイト

コメント

    • Daisuke
    • 2017年 6月 29日

    メルマガの方もいつも楽しく読まさせていただいております。
    法人設立、起業の仕方が解りやすくまとめられていて、とても勉強になります。
    ブックマークですね!

      • at-liberty
      • 2017年 6月 29日

      Daisukeさん

      コメントありがとうございます。私の経験がお役に立てていれば幸いです。
      ありがとうございます!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP